ユーザインタフェースの開発【名古屋大学】

1.目標と成果

2.担当パート

3.ユーザインターフェースの開発(全体像とこれまでの経過)

4.選手トラッキングシステムの精度向上

5.ユーザ指定自由視点映像視聴ビューワの評価